短頭種気道症候群 外鼻孔狭窄症

新着情報(高橋雅弘)

高橋ペットクリニック 外科ケースより

フレンチ・ブルドッグなどの短頭種には短頭種気道症候群といって、呼吸器系に問題を抱えている子が多いです。

まずは外鼻孔狭窄症

見た目で判断します。


↑外鼻孔は狭いです!!

外科治療は外鼻孔を広げるというより鼻翼を取り去ることで鼻孔を確保します!
緑の斜線の部分を切除します!!

↓手術後の写真です。外鼻孔(赤斜線)が術前よりも広がっています。


短頭種気道症候群は、年齢を重ねる毎に呼吸の状態が悪くなってきます。

この手術だけでなく、軟口蓋過長症の治療や喉頭小嚢の反転なども同時に治療します。
次回以降に紹介します!!